HOME作品情報>ルクス・エテルナ 永遠の光

ルクス・エテルナ 永遠の光

作品情報

『アレックス』などのギャスパー・ノエがメガホンを取り、第72回カンヌ国際映画祭で上映されるや賛否両論を巻き起こした異色作。サンローランのクリエイティブディレクター、アンソニー・ヴァカレロによるアートプロジェクト「SELF」の一環として制作され、さまざまな人々のエゴが錯綜(さくそう)し狂乱状態に陥る映画の撮影現場を描く。
→オフィシャルサイト
[公 開 日] 2020-11-20
[ジャンル] ドラマ
[原 題] LUX AETERNA
[製作年] 2019年
[製作国] フランス

あらすじ

女優のベアトリス・ダルが初監督を飾る、魔女狩りを題材にした映画の撮影現場。この日は主演のシャルロット・ゲンズブールが磔にされるシーンを撮影する予定だったが、監督を降板させたいプロデューサーとそれに同調する撮影監督や、シャルロットを自分の作品に引き抜こうとする新人監督など、それぞれの思惑が入り乱れ現場は大混乱に陥ってしまう。さらに問題のシーンの撮影直前、シャルロットの娘から電話が入る。

監督

キャスト

スタッフ

[製作] アンソニー・バカレロ/ギャスパー・ノエ/ゲイリー・ファルカシュ/クレマン・ルプートル/オリビエ・ミュラー
[脚本] ギャスパー・ノエ
[撮影] ブノワ・デビエ
[美術] サマンサ・ベネ
[衣装] フレッド・カンビエ
[編集] マルク・ブクロ/ジェローム・ぺズネル
[音響] ケン・ヤスモト
[アシスタントディレクター] クレール・コルベッタ=ドール
[プロダクションディレクター] ジャン=ピエール・クラパール
[VFX] ロドルフ・シャブリエ